読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わらない鈴穂の夢がここにある。

私、鈴穂が主にラブライブ!関連を中心としたアニメや曲の感想を語るというブログです。

【ラブライブ!サンシャイン!!】4話感想&第1回みんなで上映会行ってきました!&追記あり

アニメ ラブライブ!

みなさんどうもこんばんわ。
みんなが好きすぎて推しが決められない鈴穂(すず)です。

行ってきましたよ!
みんなで上映会!!

いやぁ、最高でしたね。
テレビ放送時もその後も何回も何十回も見直した回であるにも関わらず、やはり映画館で見るものは別格でした。

始まる前までは何回も見てるから記事のために考察に重きを置いて見ようなんて思ってましたが、映画館で見ると何と怖いことに感動が倍増、いや何十倍にもなって降り注いできましたw

もう1〜4話まで終始涙が止まりませんでした(´;ω;`)

ということで、みんなで上映会の話題にも触れながら4話の感想と考察をずらずらーっっと花丸のように書いていきたいと思うずらっ!
それではよろしくお願いします!

※考察は鈴穂(すず)個人による勝手な妄想です。
必ずしも正解ということはありませんので軽い気持ちでご覧ください

 

 

 


 

あらすじ



小さい頃から隅っこで遊ぶ目立たない子だった。

運動も苦手だったし、学芸会では木の役で、だから段々、一人で遊ぶようになっていった。
本を読むのが大好きになっていった。
図書室はいつしかまるの居場所となり、


そこで読む本の中で、いつも空想をふくらませていた。

読み終わった時、ちょっぴり寂しかったけど、
それでも本があれば大丈夫だと思った。


その子は黒澤ルビィ。
まるの大切な友達。


まると一緒に図書室で過ごしてくれたその子は、とても優しくて、
とても思いやりがあって、でも気にし過ぎな子。

素晴らしい夢も、キラキラした憧れも、全部胸に閉じ込めてしまう子。


その胸の扉を思い切り開いてあげたいとずっと思っていた。

中に詰まっている、いっぱいの光を。

世界の隅々まで照らせるような、その輝きを

大空に放ってあげたかった。

それが、丸の夢だった。


これでまるの話はおしまい。

もう夢は叶ったから――

まるは本の世界に戻るの。

大丈夫。一人でも…



バイバイ

感想



今回ははなまるのお話といった形で描かれていましたね。

当然映画館で4話を見ていたわけなのですが、映画館では開始早々笑いが起こりましたw

なぜかわかりますか?

そう!最初のまるが砂場で遊んでいるシーンの後ろに善子がいたんです!


映画館だとスクリーンが大きいので後ろの善子もしっかりと目に入ってきましたw




そしてまるは次第に文学少女になっていったという事実がここで明かされます。

実は私も中学に上がるまでは本が好きで図書館にも頻繁に行っていたため、まるのいう「本があれば大丈夫だと思った」というセリフに少し共感できました。

そしてそんなまるがルビィと出会ったのは図書館だったというのです。

「まるの大切な友達。」



このセリフで既に劇場で見ている私の涙腺は崩壊していましたw

後中学生のまるとルビィ可愛すぎです!




ついにAqoursの部室が出来ました!



体育館に隣接しているんですね。

ノリノリのマリーには映画館でもまた笑いが起こってましたw


そして千歌が見つける意味深なホワイトボードの書き残り。

ここで以前に歌詞を書いていたことが…?




Aqoursに部室が出来たことを喜ぶルビィ。

そしてそこに現れるAqoursの3人。

ルビィのピギィィィィィィにはなぜか毎回笑っちゃいますw

後このシーンで特にお気に入りなのが先輩後輩の上下関係です。

当たり前なのですが、梨子はまるへ年下として、まるは3人へ年上として接している点が長らく「先輩禁止!」のμ'sを見てきた私からは新鮮でした。

個人的にはスクールアイドルは部活動ということもあるのでAqoursの上下関係は残してくれてもいいのかなと思ってます。






ルビィの本当はスクールアイドルを始めたいのに始められない。

そんな思いを語り合っているこのシーン。

突然のダイヤの回想シーンには笑っちゃいましたw


そんな中、ルビィが周りに気を使いすぎた結果、自分の意思よりも周りに合わせてしまうという状態。


正直ここのシーンを見ていてあまりの純粋さ故に少し心苦しかったです。

ただここのルビィのセリフ、「昔はスクールアイドル好きだったんだけど、高校に入ってしばらく立った頃…」


マリーは2年ぶりにこの浦の星女学院に帰ってきたと言っていました。

そしてこの後出てくる果南との接点も深そうです。


ここから考えられることはやはり、高校1年の時に3人は何かしらの接点があり、マリーが居なくなってからダイヤはスクールアイドルを視界に入れなくなった…

という感じでしょうか。




ルビィの回想シーン。



ルビィがはなよ推し、ダイヤがエリーチカ推しということが判明。

面白いシーンである反面、このダイヤの笑顔を見ると心に引っかかるものがあります。


後申し訳程度の善子登場シーンw




この神社は「淡嶋神社」らしいのですが、往復で50分かかるほどの険しい坂だとか。



ちなみにこの「がんばって」という看板もほんとうにあるようです。




ルビィ「スクールアイドルに!?どうして?」



はなまる「どうしてって、やってみたいからだけど、

     だから、ルビィちゃんも、一緒にやらない?」



このシーンですよ。

後々分かりますがはなまるの優しすぎる気遣いが見ていて微笑ましくもあり、辛くもありました。。




Aqoursの海未ちゃん枠。
遠泳10kmは無いようですw




ルビィの提案で屋上に向かう5人。


この千歌の「あったかい…」というカットが凄く好きです!


後はなまるでかい。




ルビィはすっかりダンスが踊れない組になるのかなと思っていましたが、以前からスクールアイドルが好きだったこともあってかかなり最初から踊れていますね!

曜「新しい曲今作ってて」


千歌「はなまるちゃんも、なにか思いついたら言ってね!」



はなまるは本が好きで言葉や文字に親しみが深いですから、これから作詞担当はまるになるかもしれませんね。




遅れてきたはなまるを見て、


ルビィ「一緒に行こ?」



はなまる「だめだよ、ルビィちゃんは走らなきゃ。

     ルビィちゃんはもっと自分の気持大切にしなきゃ。



     自分に嘘ついて、無理に人に合わせても辛いだけだよ。

     スクールアイドルになりたいんでしょ?だったら前に進まなきゃ。

     さあ、行って。さあ――」



もうこのシーンで私と隣のおじさんは号泣でした。。。

はなまるちゃん、いい子すぎるよ。。。

まるのルビィを本当に大切な友達だと思っているのが染み染みと伝わってきます。




ダイヤ「これはどうゆうことですの。」



千歌「違うんです、これは――」

ルビィ「千歌さん。



    おねえちゃん。ルビィ、ルビィね――――」



ついにルビィは自分から一歩を踏み出し、自分の思いを伝えることが出来ました。

ルビィの成長が見られて本当に感動です!

ただルビィのこの後のセリフはルビィの口から最後まで聞かせてもらいたかったです。




はなまる「これでまるの話はおしまい。

     もう夢は叶ったから――

     まるは本の世界に戻るの。」



はなまる「バイバイ…」



ルビィ「ルビィね、はなまるちゃんのこと見てた。
    ルビィのために気を使ってるんじゃないかって。
    でも、練習の時も、屋上にいた時も、みんなで話してる時も、はなまるちゃん嬉しそうだった。
    それを見て思った。
    はなまるちゃん好きなんだって。ルビィと同じくらい好きなんだって。スクールアイドルが!」



はなまる「まさか・・・」

ルビィ「はなまるちゃんと一緒にスクールアイドルできたらってずっと思ってた!!」

はなまる「おらには無理ずら。体力もないし…」

ルビィ「そこに写ってる凛ちゃんもね、自分はスクールアイドルに向いてないってずっと思ってたんだよ。」



梨子「でも好きだった。やってみたいと思った。最初はそれでいいと思うけど?」

ルビィ「ルビィ、スクールアイドルがやりたい!はなまるちゃんと!!」



はなまる「まるに、できるかな・・・」

千歌「私だってそうだよ。一番大切なのはできるかどうかじゃない。
   やりたいかどうかだよ。」


もう大号泣ですよね。。。

はなまるとルビィ。二人の友情が、彼女ら自身の新たな一歩を踏み出させる要因となった――

 

まとめ


1〜3話もとてもいい話だったと思いますが、一番感動しました!

今回の話を見て思ったことが、はなまるもルビィも本当にいい子だなぁです。

純粋さ故の、いい子すぎる故の彼女たちのストーリー。

感動しました。もう最高です!!

 

ということでたらたらと4話の感想を書いてみました。

5話以降も続くかどうかはわかりませんがまた時間を見つけて書きたいと思います!

 

みんなで上映会の感想ですが、2年生組の可愛い声優さんが見れたり、ちょっとおもしろいトークが見れたり、そしてなんといっても映画館という場で1〜4話が見れたことが本当に良かったです。

同じ作品のはずですが、感動の度合いが半端なかったです!

また次もあるようなので行きたいなぁと思ってます!

 

ということで長文にお付き合いいただきありがとうございました!

それではみなさん、明日も元気に―

がんばルビィ⌒°( ・ω・)°⌒




【追記】
記事を読み返して思ったのが考察全然してへんやんけ!ということで申し訳程度の追記をさせていただきます。

みなさん、気付きましたでしょうか。

Aパート前半、ルビィがまるにスクールアイドルに興味が無いか?と尋ねるシーンでのまるのセリフ。

はなまる「ないない、運動苦手だし。ほら、ずらとか言っちゃうし…」


ここです。

何かに気づきませんか?

そうです。ラブライブ!1期第4話Aパートの凛ちゃんのセリフ。

凛「むりむり、女の子っぽくないし。ほら、髪だってこんなに短いし…」


そうなんです。同じ4話の凛ちゃんと似たセリフになってるんですね〜。




後は、ダイヤとルビィがμ'sのマネをしているシーンの衣装ですが、
ラブライブ!2期第6話「Dancing  stars on me!」ですね。


比較的わかりやすい衣装でしたねw

ということで、以上。ちょっとした追記でしたー。




【関連動画】