読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わらない鈴穂の夢がここにある。

私、鈴穂が主にラブライブ!関連を中心としたアニメや曲の感想を語るというブログです。

【感想/考察】アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」13話お疲れ様でした!

アニメ ラブライブ! サンシャイン!!

f:id:suzuho111:20160925183801j:plain

ついに、約13週に渡って放送されてきた「ラブライブ!サンシャイン!!」が最終回を迎えてしまいました。

今回はその13話について、そしてこの作品自体についての想いを書いていきたいと思います!

 ※この記事の内容はあくまで鈴穂個人の意見です。

 

えー、とりあえず関係者の皆様、お疲れ様です!

約3ヶ月間の輝きをありがとうございました!

13話 感想

内容に関しては人によって評価が別れる最終回だなと感じました。

良く言えば「ラブライブ!」っぽい、悪く言えば「花田ワールド全開になってしまった」というところでしょうか。

多分皆さんがもやもやされている点として挙げられるのが、

・モブが神モブしてない
・ミュージカル長くない?
ラブライブを私有化してほしくはなかった
・「10!(モブ)」
・犬を連れてくる/客席を立つ等の迷惑・規約違反行為

などではないでしょうか。

f:id:suzuho111:20160925183826j:plain

ちなみに私は「みんなで上映会」に参加していましたので映画館で見てたのですが、ミュージカルに関してはそこまで違和感を感じませんでした。

もちろん初めは驚きましたが、映画館は周りに何もないので作品にのめり込めるんですよね。

なのでミュージカルの話が頭にちゃんと入ってきて長いとは感じませんでしたし、こういった演出もありなのかなと感じました。

あとでニコ生で見返した時は「ながっ!」ってなりましたがw

 

そしてライブが始まる前の掛け声、

f:id:suzuho111:20160925183842j:plain

 1!
 2!
 3!
 4!
 5!
 6!
 7!
 8!
 9!

ここはμ'sの掛け声を連想させ、とても良かったです。

ただ、なぜモブに「10!」を言わせてしまったんだ…

私の想いとしては、「Aqoursは9人である」ということを踏まえ公式では9まで、ライブ等でファンが勝手に「10!」の掛け声を入れる。

これがあるべき姿だと思うのですが、モブに「10!」を言わせてしまっては公式が10であると宣言してしまっているような気がして少し残念でした。

ただ、その後のライブは素晴らしいと思います!

f:id:suzuho111:20160925183908j:plain

作詞は畑亜貴さん、作曲はEFFYさんということで最強コンビをここで出してきました。

そしてすごいのは曲だけでなくライブの演出。

ラブライブはあまり引きの絵を撮ることが少ない気がするのですが、今回の曲では会場全体を映すカットが多く見られました。

f:id:suzuho111:20160925183915j:plain

衣装に関しては「僕らのLIVE 君とのLIFE」に似ているなと思いまいた。

白を貴重とした衣装で、パンツスタイルからスカートまで、みんなとても可愛いです! 

f:id:suzuho111:20160925183933j:plain

f:id:suzuho111:20160925183944j:plain

そして皆さんも感じられたと思いますが、最後にみんなでジャンプするシーン。

f:id:suzuho111:20160925183957j:plain

これには泣かされました。

 

映画館で見たこともあってか、やはりライブシーンの細かいところまで見ることができた気がします♪

 

そして最後のこのシーン。

 私達が「0」から作り上げたものってなんだろう。
 形のないものを追いかけて、迷って、怖くて、泣いて、
 そんな0から逃げ出したいって。

f:id:suzuho111:20160925184011j:plain

 でも何もないはずなのに、いつも心に灯る光。
 この9人でしか出来ないことがかならずあるって、信じさせてくれる光。

f:id:suzuho111:20160925184048j:plain

 私達Aqoursはそこから生まれたんだ。
 叶えてみせるよ、私達の物語を、
 この輝きで!

f:id:suzuho111:20160925184100j:plain

 君のこころは― 
 輝いてるかい? 

f:id:suzuho111:20160925184110j:plain

正直ここでやられちゃいましたね(´;ω;`)

そこまで13話を酷いと思って見なかったものですから、このラストの終わり方は普通に感動しました。

 

総評

最近スマホの閲覧履歴を見ていると、2015年2月26日、そう。

ラブライブ!サンシャイン!!の企画が初めてスタートした日。

この日から既に私はサンシャイン!!と出会っていたんですね。

それから約1年半。

ようやく「助けて、ラブライブ!」の意味がわかったような気がします。

f:id:suzuho111:20160925184427j:plain

私はラブライブ!サンシャイン!!、そしてAqoursに出会えて本当に良かったと思っています。

確かに脚本に不満が残る点も多々ありましたが、このアニメを通してAqoursのみんなのストーリーを、輝きを知ることが出来ました。

むしろこれこそがラブライブ!なのかな、と。

2期の有無に関してはまだわかりませんが、彼女たちの未来が続くよう、彼女たちの輝きが灯り続けるよう、これからもAqoursを、ラブライブ!サンシャイン!!を応援していこうと思った13週でした。

 

さいごに。

明後日にはBD1巻が発売、そして来年には1stライブも控えています。

これからもまだまだ太陽の光は私達を照らし続けてくれそうです♪

 

明日か明後日にはサンシャイン!!についての記事を書こうと思ってますのでそちらもぜひ!

それでは皆さん、

未来の輝きに向かって―

Aqours!Sunshine!!

f:id:suzuho111:20160925184634j:plain

 

関連記事